子どもの認知とロールシャッハ

9月の研究会で利用したパワーポイントです。


阪大法の魅力の一つに、発達過程を想定しながらロールシャッハを理解していくことがあります。ピアジェの理論や最新の赤ちゃん研究を概観することによって、あるいはそれをWISCの所見と複合させることによって、多くの知見が得られるのではないかと考え作成しました。


私どもの研究会では、このような勉強もしております。


どうそよろしくお願いいたします。

赤ちゃんの認知とロールシャッハ
.pptx
Download PPTX • 10.66MB


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示