研究会の紹介​

『関東ロールシャッハ“複合”研究会』

  この度、関東地方でもロールシャッハ・テストの『阪大法』を学ぶ事ができる研究会を立ち上げることとなりました。『阪大法』は辻悟先生の著書「ロールシャッハ検査法」「こころへの途」でもおなじみで、これまでにこれらの本を一度は手に取られた方も多いのではないかと思います。しかし内容的には難解な部分もあり、興味があっても個人で深く学ぶ事には限界もあったのではないでしょうか。

 本研究会は、大阪府立大学で長年教鞭を執られ現在は放送大学に所属されている『橋本朋広先生』を講師としてお迎えして事例検討等を行うセッションと、読書会や事例検討等を通して会員同士が切磋琢磨し学び合うセッション(日曜自由クラス)の2部構成で運営されます。主に阪大法を学ぶ機会となりますが、関東という土地柄その他様々なスクールの考え方を柔軟に取り入れながら時に双方の考えを比較検討などもし、理解の深化と内容の充実を図ってまいりたいとも考えております。

 有志の自主的な活動に支えられ運営される研究会ですので、ご参加いただく皆様方の研究会への主体的な関与が必要です。こうした理念をご理解いただき、守秘義務が守れる臨床心理士・公認心理師・大学院生等のご参加をお待ち致しております。

1.活動内容

①講師参加研究会(年6回)

※『橋本朋広先生』を講師にお招きし阪大法を学びます。

②日曜自由クラス(年6回)

※主に会員の主体的な参加・活動をベースに阪大法を学びます。

2.プログラム

1)事例検討会

2)読書会(『ロールシャッハ検査法』『こころへの途』)

3)共同研究・学会発表

4)公開講座(予定)

 

2.参加資格

1)医師・臨床心理士・公認心理師

2)臨床心理学を学ぶ大学院生

​※共に守秘義務を遵守できる方、研究会への主体的な参加ができる方。

 

3.年会費

a.①+②;30,000円(大学院生は20,000円)

b.②;20,000円(大学院生 15,000円)

 

3.臨床心理士資格更新ポイント申請

今後本研究会は認定研究会として申請予定です。

© 2023 by Conferences Website. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now